Wheels Blog : News

B2W、無事終了!

昨日5月15日に全国の会場で一斉に行われたバイク・トゥー・ワーク(B2W)は、無事に終了しました!会場により、内容は異なりましたが、どこもたくさんの方に足を運んでいただき、盛り上がったようです。

大阪では、大阪、梅田駅そばの「E-MA」1階を会場に、自転車通勤のメリットをPR。この1w2wの小冊子なども並べ、自転車の地球環境や身体へのメリットも合わせてご紹介しました。
5_161w2w.jpg

レポートにも載せますが、後ろに見えるのは、E-MAが行っているGO BY BICYCLEという催事で、デコレーションされた自転車が展示されています。せっかくの新しい試みですし、大阪会場では、これに合わせて、E-MA1階という、商業ビル内での開催にトライ!

他会場が行っているような、自転車通勤中の方へのドリンクのサービス等とは異なった切り口になりましたが、アートな自転車に足を止める方が、1w2wやB2WのPRにも合わせて耳を傾けてくださり、また別のアピールになったと思います。

会場にお越しくださったみなさま、ありがとうございました!

自然体のボサノヴァシンガーMADOKAさん

ボサノヴァというジャンルの音楽をご存知ですか?今から50年ほど前、ブラジルで生まれたもので、独特の奏法のギターに、ちょっとささやくような軽いポルトガル語の歌が乗った、日本でも人気のある音楽です。

先日、ご縁あって、トレックストア福岡のオープンイベントで生ライブを披露してくれた、福岡出身のボサノヴァシンガー、MADOKA(まどか)さん。ポルトガル語の発音は、ブラジル人も驚くほどだとか。カラダから溢れ出て来るメロディーを、愛おしむように歌っている姿が、ともかくキレイでした。
madoka.jpg
どうしてボサノヴァを歌っていらっしゃるのか伺うと「気付いたらそこにあったので、何も考えず、当たり前のように歌っていたんです」と、自然体の笑顔で答えてくれました。

MADOKAさんによると、ボサノヴァの魅力とは「ボサノヴァには、風景が描き込まれているんです。歌っていると、景色や、風などが広がって行く。リズムやメロディーの心地よさも 魅力ですね。」

でも、それって、サイクリストが感じる自転車に乗っているときの感覚と似ているかも。そんな話をすると、MADOKAさんは、笑顔でうんうんと頷きました。「だから、自転車にもすごく興味があるんです。すてきな景色の中を走ったら、とっても気持ちいいんだろうなって。」

昨年、地元福岡の屋外イベントで歌うチャンスがあり、自然の中で歌うことの楽しさを深く感じたとか。「今はYOGAをやっているけど、これから自転車にもチャレンジしてみたいです。」目をキラキラ輝かせて、笑顔で語ってくれたMADOKAさん。自転車が、さらに音楽の幅を広げてくれるかもしれませんね。
ぜひ、自転車を楽しんでくださいね。そしてまた、心地よい歌を聴かせてほしいな。

サザンモール六甲

去る5月の5,6日に、サザンモール六甲のデッキイベントに参加、ワンワールド・ツーホイールズのPRを行いました!
5_6_booth2.jpg
1w2wテントを設置し、小冊子やステッカーの配布を行いました。5日は、雨まじりの曇天になってしまいましたが、6日は、ピカピカの晴天。気温も上がり、半袖でも汗ばむほどでした。

このサザンモールは「動物や環境を愛そう!」というメッセージを持っており、街に緑を増やす活動もしているそうです。木の板が敷かれたデッキや、植え込みが、すごくいい雰囲気。
5_6_booth.jpg
ペットもOKとあり、たくさんの方が愛犬と一緒に遊びにいらしていました。野菜ソムリエの方を招いての有機・無農薬野菜の販売があったり、6月14-22日は「エコウィーク」と題し、キャンドルで過ごしていただくために、アロマキャンドルのプレゼントが予定されていたり、エコなイベントが目白押し。

今回テントが設置されたトレックストア神戸六甲は、6月10日にオープン予定。皆さんに自転車のよさをわかっていただけるようなステキなお店になりそうです。
今後も、サザンモールではさまざまなイベントが開催される模様です。ぜひ、足を運んでみてくださいね。