自転車のある生活〜rotator

“自転車に乗ることは、特別なことじゃなくて、ごく普通のこと。
だから、ファッションは、普段のワードローブと同じように、
かっこよさにもこだわりたい”

マルイのエムズモードが提唱する「rotator」が始動します。「自転車」をテーマに、洋服、靴、バッグ、帽子や、ヘルメットやグローブ、ライトなどのかっこいいものを集めたセレクトショップ、と言えば、一番わかりやすいかもしれません。
6_20total.jpg
去る19-20日に「rotator」のプレス向けの発表会が開催されました。自転車関係のメディアはもちろん、レオンやモノマガジンなど、多くの一般メディアも取材に訪れ、自転車への関心の高まりを示していました。

 ロードバイク”マドン”↑とクロスバイク↓がディスプレイされていますが、横のマネキンが着ているのは、これまでのサイクルウェアーとはまったく異なるコーディネイト。
マドンの横にいるマネキンは鉄工所のイメージ。パンツは、サロペットタイプになっています。
クロスバイクの横のマネキンも、ジャケットとパンツ、ネクタイを開け、革製のカスクをかぶっています。斬新!

6_20suits.jpg

赤い台の上にディスプレイされているのはハイカットの靴も、ファスナーの位置などに工夫があり、どんな方にも使いやすい”ユニバーサルデザイン”で作られたシューズ。
6_20_shoes2.jpg
ともに飾られているハンマーには「健常者と障害を持つ方、すべての人の間に介在する垣根を壊していこう!」というメッセージが込められています。

こちらの靴は、ふつうのシューズですが、ソールがかなりしっかり作られており、踏み込んだ力を効率よくペダルに伝えてくれるため、自転車向き。実はアメリカでこのシューズを履いて、クロスカントリーレースで、優勝した選手がいることから有名になったブランドとか。
6_20_hardsole.jpg
メタリックな自転車とニット。これまではなかった組み合わせですが、自転車に乗っても風を通さないように、前面の裏には、ウィンドブレーカーのような素材が張られており、乗ることを前提に作られているのです。
6_20_vest.jpg
エコや自然への配慮も忘れられていません。

これは、自転車用のエコバッグ。1900円ほどで販売される予定とか。かなりしっかりした素材で作られており、ペットボトルなどを入れても大丈夫。
6_20ecob.jpg
サイクリストの隠された必需品、日焼け止めですが、これは100%天然素材で作られています。隣にある保湿スプレーも、口に入れてもまったく無害なもので作られているそうです。
6_20uv.jpg

まだまだ、楽しいもの、おしゃれなものがたくさん揃っていましたが、このrotatorがお目見えするのは、8月、本格的に稼働するのは9月とのこと。そのころ、どのようなラインナップが揃っているのか、とても楽しみです。 

rotatorを仕掛けるのは、この二人。
6_20marui.jpg

ご自身も自転車に乗られるとのことですが、専用のウェアーを着て仲間と長距離を走る日と、一人でお気に入りのファッションに身を包み、気楽に乗る日と、二通りの楽しみ方をしているそうです。

ユニバーサルデザインのシューズのディスプレイにあったハンマーのように、本格派の上質自転車と、皆さんとの間にある垣根を、壊す動きになってくれることでしょう。
たくさんの可能性を秘めたrotator、注目ですね!