Wheels Blog : News

自転車のある生活〜rotator

“自転車に乗ることは、特別なことじゃなくて、ごく普通のこと。
だから、ファッションは、普段のワードローブと同じように、
かっこよさにもこだわりたい”

マルイのエムズモードが提唱する「rotator」が始動します。「自転車」をテーマに、洋服、靴、バッグ、帽子や、ヘルメットやグローブ、ライトなどのかっこいいものを集めたセレクトショップ、と言えば、一番わかりやすいかもしれません。
6_20total.jpg
去る19-20日に「rotator」のプレス向けの発表会が開催されました。自転車関係のメディアはもちろん、レオンやモノマガジンなど、多くの一般メディアも取材に訪れ、自転車への関心の高まりを示していました。

 ロードバイク”マドン”↑とクロスバイク↓がディスプレイされていますが、横のマネキンが着ているのは、これまでのサイクルウェアーとはまったく異なるコーディネイト。
マドンの横にいるマネキンは鉄工所のイメージ。パンツは、サロペットタイプになっています。
クロスバイクの横のマネキンも、ジャケットとパンツ、ネクタイを開け、革製のカスクをかぶっています。斬新!

6_20suits.jpg

赤い台の上にディスプレイされているのはハイカットの靴も、ファスナーの位置などに工夫があり、どんな方にも使いやすい”ユニバーサルデザイン”で作られたシューズ。
6_20_shoes2.jpg
ともに飾られているハンマーには「健常者と障害を持つ方、すべての人の間に介在する垣根を壊していこう!」というメッセージが込められています。

こちらの靴は、ふつうのシューズですが、ソールがかなりしっかり作られており、踏み込んだ力を効率よくペダルに伝えてくれるため、自転車向き。実はアメリカでこのシューズを履いて、クロスカントリーレースで、優勝した選手がいることから有名になったブランドとか。
6_20_hardsole.jpg
メタリックな自転車とニット。これまではなかった組み合わせですが、自転車に乗っても風を通さないように、前面の裏には、ウィンドブレーカーのような素材が張られており、乗ることを前提に作られているのです。
6_20_vest.jpg
エコや自然への配慮も忘れられていません。

これは、自転車用のエコバッグ。1900円ほどで販売される予定とか。かなりしっかりした素材で作られており、ペットボトルなどを入れても大丈夫。
6_20ecob.jpg
サイクリストの隠された必需品、日焼け止めですが、これは100%天然素材で作られています。隣にある保湿スプレーも、口に入れてもまったく無害なもので作られているそうです。
6_20uv.jpg

まだまだ、楽しいもの、おしゃれなものがたくさん揃っていましたが、このrotatorがお目見えするのは、8月、本格的に稼働するのは9月とのこと。そのころ、どのようなラインナップが揃っているのか、とても楽しみです。 

rotatorを仕掛けるのは、この二人。
6_20marui.jpg

ご自身も自転車に乗られるとのことですが、専用のウェアーを着て仲間と長距離を走る日と、一人でお気に入りのファッションに身を包み、気楽に乗る日と、二通りの楽しみ方をしているそうです。

ユニバーサルデザインのシューズのディスプレイにあったハンマーのように、本格派の上質自転車と、皆さんとの間にある垣根を、壊す動きになってくれることでしょう。
たくさんの可能性を秘めたrotator、注目ですね!

スピニングマスター!館兄

スピニングって、ご存知ですか?

スタジオ、時には屋外スペースで、固定式の自転車にみんなで乗って、インストラクターの指示に従い、音楽やリズムに合わせて、ペダルを回すエクササイズ…と書くと、あまりエキサイティングでないかもしれませんが、参加してみると、びっくりするくらい楽しくて、すっきりリフレッシュできるのです。スピニングから自転車に乗り始めたと言う方もいるくらい!

スピニングは21年前に、アメリカで生まれました。館正訓さん、通称「館兄」は、日本のスピニングの 創世記からインストラクターを務めていらっしゃいますが、今回、日本人として初めて“マスターインストラクター”となりました。マスターインストラクターとは、本国アメリカが認定する、インストラクターにとってのインストラクター。つまり、日本スピニング界を牽引する役割なのです。tachi.jpgこの写真は、ちょっとまじめな表情をしていますが、実際は、いつも笑顔!とびっきりフレンドリーな方です。

去る6月18日、東京ビックサイト近くのホテルを会場に、館兄が登場するスピニングのデモンストレーションが行われました。

スピニングに使われるのは、こんなバイク。ビンディングかトゥークリップで足を固定し、ギアの重さは赤いネジで自由に変えられます。ポジションはロードと同じだから、太ももの裏やお尻まで、しっかり鍛えられます!このスピニングで、ライドのスキルが飛躍的に上がったという方も。ブレーキレバーはなく、逆回転で止まる構造です。
spin_macine.jpg

定員30名の参加型デモだったのですが、今回はサラさんと二人でレッスンを引っ張っていました。

tachi_sala.jpg

リズムのいい音楽が流れ始めると、皆でペダリング。地味な作業のようですが、フィットネスのスタジオエクササイズと同じように、とても盛り上がるんです。気持ちのいい汗をかき、気分も爽快、エクササイズ効果は、抜群!

tachi_demo.jpg
館兄とサラさんに、スピニングの優れた点を伺ったところ、「(固定式だから)落車の心配もなく、どんな人でも、自分に合った強度で、安全に参加できるところ。」とのこと。 

実際に外を走るとなると、体力の差、スピードの差もあり、なかなか難しいのですが、スピニングなら、女性も、男性も、高齢の方も、参加した皆が、同じ盛り上がりを共有しながら、自分のカラダに効く強度でエクササイズができるのです。しかも、盛り上げ上手なインストラクターのクラスなら、めちゃめちゃ楽しい! 

館兄は「和」を活かし、和太鼓を取り入れたスピニングなども行っている、日本スピニング界のパイオニア。アメリカでも一目も二目も置かれている存在です。これから、日本でもじわじわとブームがやってくる予感も漂っています。館兄が背負うところは、重いかもしれませんが、これからの活動にも期待したいですね!

館兄の専門分野はスピニングにとどまらず、生粋の「自転車乗り」。実は、MTBトレイルや、サイクリング、セミナーなど”happy ride”と銘打ったトレックストア福岡 のイベントにも登場しているのです。
言うまでもなく、スピニングマスター館兄のガイド力は抜群です!お近くの方、こんなチャンスを逃さず、ぜひぜひ、参加してくださいね。館兄から、得るものは大きい、と思いますよ!

ロードレースの応援から生まれた”チーム”

自転車の楽しみは、自分で乗るだけじゃない。

ヨーロッパでの主要ロードレースがライブ放送で見られるようになるなど、日本でもレース観戦人口は増えて来ているようです。国内でもプロ選手が走る国際ロードレースが開催されています。5月の「ツアー・オブ・ジャパン」「ツール・ド・熊野」が終わり、今週末からは日韓合同開催の「ツール・ド・韓国」が熊本ステージから始まります。

これらのレース会場の中で、ひと際目立っていたジャージがありました。5_24_jersey.jpg
白とグリーンをベースとし、アクセントに赤が使われた四つ葉のクローバーがあしらわれたこのジャージ。描かれた「Ali di Nike」という文字はイタリア語で「勝利の女神の翼」を意味するそうです。
このジャージを着ている皆さんは、ともかく明るくて、本当に楽しそうに全身で応援している姿が印象的でした。これは、どこかの倶楽部チームなのでしょうか?

話を伺うと、所属チームとは無関係に、がんばっている選手を応援し、「応援すること」を楽しんで行こうという皆さんが、その象徴としてこのジャージを作ったそうです。このジャージを着用している賛同メンバーは、もうすでに、60名。皆の盛り上がりから”We love road race“というサイトも作成、協力しあって、レース等の情報配信などの活動をされています。

「自転車好きが、ここでつながって、楽しみを共有できる場になれば」とのこと。観戦にこだわらず、ともにイベントに参加したり、乗ることも楽しみ、また、自転車の魅力を伝える活動もしていきたいそうです。

ジャージには”feel the wind  in your mind”というセンテンスもあしらわれており、自転車に乗って楽しむ風と、選手が駆け抜けるときに起こす風、この両方を楽しもうという意味があるとか。
ロードだけでなく、マウンテンバイクやBMXと自転車競技も多様です。“乗る楽しみ”に“観る楽しみ”が加わり、さらにそれを仲間で共有することができれば、楽しみの幅も、また深く、広くなることでしょう。

ジャージに描かれた、もうひとつのセンテンス”Union is strength”、「団結は力なり」のメッセージのように、力を合わせて、自転車の魅力を伝えて行ってほしいですね!

Bike to Work![6/11@東京]

今日は第2水曜日。Bike to Work(B2W)、東京開催の日でした。

B2Wとは、自転車通勤する方を応援しようという主旨のもと、NPO法人のB.E.Jが、自転車通勤をしている方に、ドリンクなどのサービスをしているイベントのこと。現在は、毎月日本各地の会場で行われています。

6_11_peple.jpg

東京会場は、ザ・ノース・フェイス原宿店前。今日も多くの方が足を止め、ドリンク、補給食(ソイジョイ)、リフレッシュエアーミスト、アースデイマネー(地域通貨)などを受け取り、アンケートに応じてくださっていました。

皆さんの自転車も、ロード、MTB、クロスバイク、小径車、ママチャリ…と、種類はさまざま。サイクルジャージの方から、スーツの方まで、同じ自転車通勤でも、服装もさまざまでした。

参加者の皆さんは、まず自転車をラックに停めて、

6_11_lack.jpg
クーラーボックスに入ったドリンクと、用意されたアイテムを受け取ります。

6_11_goods.jpg
保育園がこの裏手にあるとのことで、スーツ姿のお父様が、お子さんを乗せて現れるシーンも。

6_11_father.jpg
ドリンクやフードのサービスだけでなく、スタッフが自転車の空気圧をチェックし、適正空気圧に調整することも。
6_12_air.jpg
今日は、NHKラジオ第1の取材が入り、参加者の方、B.E.J主催の杉浦氏がインタビューに応じていました。明日の夜10時からのニュースでオンエアされるそうです。
東京では、B2Wは毎月第2水曜日の朝8:30-10:30に開催されており、次回の開催は7/9(水) となります。(天候などの条件により、中止、延期になることもありますし、他都市の開催に関しては、会場ごとに異なりますので、詳細はB.E.Jのblogでご確認ください。

みなさま、ぜひ、ご自宅、オフィス近くの会場がありましたら、お立ち寄りくださいね。

エコライフフェスタ@代々木公園

来る6月7日(土)、8日(日)の二日間、東京代々木公園でエコライフフェア2008が開催され、 NPO法人B.E.Jのブースに、ワンワールド・ツーホイールズも出展します。ブースでは、2日間ともに、パンフレットとステッカーの配布を行います。8日にはアンバサダーの絹代もブースを伺います!

会場となる代々木公園ケヤキ並木、イベント広場には、企業やNPO法人のブースが並び、エコに関するさまざまな出展をする予定です。ステージや、ワークショップなども予定されておりますし、エコに関心のある方なら、有意義な一日を過ごすことができそうです。ぜひ、会場に足を運んでください!1w2wブースで、みなさまをお待ちしております。