ボサノヴァシンガー+サイクリスト!小泉ニロさん

どこかエキゾチックな香りも漂う小泉ニロさん。
nilo.jpg
小柄なカラダで、ギターを抱えて、椅子に腰掛けて、
やさしい微笑みを浮かべながら、ボサノヴァを歌う姿を見て、
その美しさに、ほぅ、と、思わずため息を付きました。
長く伸ばした髪が、ふんわりと肩を包み込み、
なんとも優美で、ステキです。

歌手としても着々と人気と評判を高めている彼女ですが、
自転車にも、深い関心を持っており、今年4月からは
「ふたつの輪」というフリーマガジンを創刊してしまったほど!

この「ふたつの輪」で、ニロさんが目指すのは「自転車の復権」。
自転車保有台数では、トップレベルの国でありながら、
自転車は、クルマと比べると、使い捨てのビニール傘のように
「下等」のものとして扱われているのが残念でならないそうです。

さらには、国内の放置自転車など、自転車を取り巻く問題にも
心を傷めているようです。

安心して、自転車に乗れて、
自転車の魅力を感じられるような環境を作って行くことを
考えていく、ということが、この雑誌のテーマとのこと。

現在は、第2号までが発行されており、
イベント会場などのほか、ウェブでも閲覧できるようになっています。
国内だけではなく、海外からの情報も掲載されていたり、
なかなか、読み応えのある内容になっています。
次号も期待したいですね。

私生活でも、移動には自転車を使っているというニロさん。
メインはクロスバイクとのことですが、
乗るぞ!というときは、ロードで走りに行くこともあるそうです。
ニロさんは、「レイクタウポサイクルチャレンジ」というニュージーランドの
ハードなロングライドも完走したほど、しっかり乗れるサイクリスト。
最近、自然の中を走るマウンテンバイクも大好きになったとか。

これからも、ご自身で自転車を楽しみながら、
歌に、編集に、精力的に活動して行ってほしいですね!

小泉ニロさん公式サイト

「自転車で通勤してみよう!」

ついに自転車通勤を促進するためのページがオープンしました!

「ジテツウ」「ツーキニング」というコトバが定着するほど、最近、注目を集めている自転車通勤。ワンワールド・ツーホイールズでは、自転車通勤を「もっとも現実的に、効果的に自転車を生活に取り入れる方法」と考え、自転車通勤したい方を後押しするような情報を配信することに決めたのです。

このページでは、自転車で通勤してみたい方、興味をお持ちの方、自転車通勤制度を検討してみようかと考えていらっしゃる企業の方などのために、すでに自転車通勤を取り入れている企業の事例をご紹介するなど、快適な自転車通勤のためのヒントになるような情報を配信して行きたいと思っています。

まず、第一回目の更新では、株式会社デンソー、三洋電機株式会社、ヤマハ発動機株式会社 、株式会社はてなの自転車通勤制度や駐輪場の例をご紹介しました。今後、他の企業や、他の設備などのレポートや、通勤に便利なアイテムなどをご紹介して行きたいと思います。

自転車通勤制度の有無が、その企業の環境面への配慮の度合いを示す「ものさし」とされる日も来るかもしれません。

たとえ通勤が無関係という方にも、読み物としても楽しんでいただけような内容を更新できるよう、がんばって行きたいと思います。

今後の展開に、ぜひ、ご期待ください!

サイクルモード、開幕!

自転車に興味を持ち始めた方にも、
すでに自転車大好き!という方にも、
おススメしたいイベントが、明日から開幕します。
その名はサイクルモードインターナショナル2008。
最初は大阪会場のみだったこのイベントも、年々来場者が増え、
規模も拡大、内容も充実してきています。

国内外の自転ブランドや、自転車のアパレル、
アクセサリー、出版…いろんなブースが立ち並びます。
昨年は、5万人以上の方が来場されたとか。

一番の魅力は、いち早く2009年モデルに試乗できること!

実際に乗ってみないと、自転車のよさや、
カラダに合っているかどうかは、わかりにくいもの。
これだけの台数の自転車に試乗できるのは、
一年の中でもこのイベントだけ。
この他にも、各種ステージや、ミニレースなど、楽しめる企画が盛りだくさん。
このチャンスに、ぜひ、会場にお越し下さい。

このワンワールド・ツーホイールズもPRステージを行います。
大阪:11/3(祝) 15:30-15:45 トレックブース
東京:11/8 (土) 14:30-14:45 トレックブース

自転車の魅力をあますところなく伝えるこのイベント。
皆様のお越しをお待ちしております

サイクルモードインターナショナル2008

大阪会場:インテックス大阪
11/2-3(日,祝) 10:00-17:00

東京会場:幕張メッセ
11/7-9 7日-15:00-21:00(金)
8,9日-10:00-17:00(土,日)

あなたは自転車何級?〜自転車検定

「スポーツの秋」とも言いますが、10月は自転車に乗りやすい季節でもあります。自転車のある生活、楽しんでいらっしゃいますか?

自転車に関しては、自信があるよ!という方に、おススメしたいものがあります。
自転車検定というものをご存知ですか?

これは、今年、自転車活用推進研究会が始めた、自転車に検定試験のこと。この試験を通じ、自転車に関する事柄、例えば歴史やルールなどを知ってもらうことで、もっと自転車を知り、もっと自転車を楽しんでもらうために、立ち上げたそうです。

挑戦者を待ち受けているのは、研究会に籍を置くエキスパートたちが持ち寄った選りすぐりの難問。話によれば、かなり難度の高い問題が揃っているとか….

受検には、windowsのネット環境が必要で、受検料は3150円。受検対策テキストも販売されています。現在はマスター級のみが受験の受付をしており、12月ごろからマスター級合格者を対象としたドクター級の受付が始まるそうです。詳細は検定サイトで。

スポーツの秋?読書の秋?勉学の秋?

まだ、合格者の少ないこの検定試験。我こそは!と思う方は、ぜひ、受検をしてみてください!

ハンドサイクル、1200kmへの挑戦!

自転車は足でペダルを回して進むもの…
ですが、足の代わりに、手でを回す自転車に出会いました。

ハンドサイクル。
この乗り物に乗って、東京から福岡まで
1200kmを走るという壮大な挑戦をする方がいます。

nagano.jpg
挑戦者は、永野明さん(写真)。

脳性マヒのため、脚が思うように動かないそうですが、
両手でこのハンドルを回すことで前に進むこの自転車で
出身地である福岡まで走り「バリアフリー」の実現を訴えたいそうです。

「TE-DEマラソン2008」と題したこの挑戦は
10月10日に東京日本橋をスタートし、毎日110~140kmを走り、
10日目には福岡のZEPP FUKUOKAにゴールしようというもの。

普通の脚力を使う自転車であっても、毎日100km以上を走るのは、
たやすいことではないでしょう。
ましてや、腕を使ってのこの長旅。
雨や風など気象条件なども考えれば、どれほどのことなのか、想像もできません。

動機は?と伺うと、冗談めかして
「テレビでハンドサイクルで走っている人を見たので、思いつきで」
と笑っていましたが
「2006年に挑戦を決めてから、完走のためのトレーニングは積んで来た」
と語っていました。
現在は印刷会社に勤務され、片道20kmを自転車通勤されているそうです。

バリアフリーがうたわれ始めてから、長い時間が経ちましたが、
本当にニーズにあったインフラが整えられているかといえば、
まだまだ不十分と言えるエリアが多く残されているのが実情でしょう。

永野さんは、この挑戦を通し、障害を持たれた方、高齢者の方に必要なインフラの
整備を訴え、さらに、地方自治体などにバリアフリー整備の
提案をしていきたいそうです。

もう一つ、驚いたのは、このハンドサイクルはドイツ製で、
ドイツでは、市販されているということ。

日本は、いろいろな意味で、障害を持った方が
自由に楽しめる環境整備が遅れているのですね。

永野さんは、障害者スポーツの裾野拡大も訴えて行きたいそうです。

この永野さんの挑戦のサイト「TE-DEマラソン2008」と
TE-DEマラソン中継サイト「モバチュウ
では、動画などを用いた途中経過の更新もあるそうですし、
いろいろな情報が載せられています。
チェックしてみてください。

永野さんは、障害者プロレスを主催しており、
基礎体力には自信があるそうですが、
肉体的にも、精神的にも、ハードな挑戦になることは、間違いありません。
走行ルート上にお住まいの方は、サイトで永野さんの進行状況を確認しつつ、
ぜひ、街頭でのご声援をお願いいたします。

また、支援金も集めていらっしゃるそうです。
永野さんの挑戦を支援したいという方は、ご協力をお願いいたします。
永野さんのこの挑戦、応援して行きましょう!

永野さん走行ルート(予定)
1日目 東京・日本橋ー品川ー川崎ー横浜ー小田原ー熱海(110km)
2日目 熱海ー三島ー清水ー焼津ー御前崎(135km)
3日目 御前崎ー浜松ー浜名湖ー豊橋ー岡崎(120km)
4日目 岡崎ー名古屋ー大垣ー関ヶ原ー米原ー彦根(120km)
5日目 彦根ー栗東ー大津ー京都ー大阪ー西宮ー三宮(140km)
6日目 三宮ー明石ー曽根ー相生ー赤穂ー岡山(140km)
7日目 岡山ー倉敷ー福山ー尾道ー三原ー竹原ー安芸津(130km)
8日目 安芸津ー呉ー広島ー岩国ー柳井ー光市(135km)
9日目 光市ー徳山ー新山口ー宇部ー下関(130km)
10日目 下関ー門司ー福岡(ZEPP FUKUOKA)(100km)

Bike To Work![7/9@福岡]

暑い日が続いていますね。自転車通勤されている方には、ちょっと厳しい季節かも知れません。

去る7月9日、トレックストア福岡で、この暑さにも負けず、自転車で通勤している皆さんを応援しようと、Bike to Work(B2W)が開催されました!
fukuoka_711s.jpg

この模様は、テレビ西日本や朝日新聞、読売新聞でも取り上げられたそうです。(記事はクリックすると大きくなります!)

bej_lo.jpgfukuokanews1_hi1.jpg


福岡のB2Wを行った岩崎店長は「福岡での開催は今回で2回目となるB2W。朝の通勤時間の短い時間ですが、たくさんの自転車通勤の方と触れ合うことができました。今後も、活動を続けて行きますので、お近くの方はぜひ、遊びに来てくださいね。」とのこと。
fukuoka2s.jpg

今後も、全国でB2Wは開催されます。B.E.Jのサイトで最寄りの会場と開催スケジュールをチェックして、お近くの会場に足を運んでくださいね。 

食べること、創ること、自転車に乗ること。

ワンワールド・ツーホイールズが始動し、イベントやトレックストアなどで、PR活動をして来ましたが、共感してくださる方が、少しずつ、増えているようです。

大阪に「食べること、創ること(作ること)を楽しもう」というテーマを持つ「Food Labo(フードラボ)」というスペースがあります。

カフェとして、ランチや自家製スイーツなどを出しているそうですが、国産のもの、自然のものにこだわり、動物性食品を使わない「ベジランチ」なども出しているとか。少人数制の料理クラスも開催しているそうです。

こちらの店主、次谷さんは、ご主人の影響で自転車に乗り始め、今ではお二人で琵琶湖一周ツーリングや、輪行してサイクリング旅行を楽しんでいらっしゃいます。秋には、地元でツーリングレースも企画されています。

先日イベントを開催していた大阪梅田の「イーマ」で1w2wの小冊子に出会ったのをきっかけに、1w2wの活動に共感、「この冊子をお店に置いて、もっと自転車の良さをわかってもらいたい」というご要望をよせてくださったのです。

現在は、Food Laboに小冊子を置き、ご来店された方にPRをしてくださっていています。p5270191s.jpg
「まだ、自転車にいいイメージを持っていない方も多いけれど、こういう活動に触れることで、1人でも自転車の魅力にはまってくれれば」と次谷さん。

カラダに優しい、ナチュラルなたべものにこだわるFoodLaboと、1w2wのコラボレーション。異色のようでもありますが、目指すものには、共通したものがありますよね。

これからも、次谷さんご夫妻には、自転車のある生活を楽しみながら、このステキなスペースや、それぞれのお仕事、イベントを通じて、自転車の魅力を伝えて行ってほしいですね!

自転車のある生活〜rotator

“自転車に乗ることは、特別なことじゃなくて、ごく普通のこと。
だから、ファッションは、普段のワードローブと同じように、
かっこよさにもこだわりたい”

マルイのエムズモードが提唱する「rotator」が始動します。「自転車」をテーマに、洋服、靴、バッグ、帽子や、ヘルメットやグローブ、ライトなどのかっこいいものを集めたセレクトショップ、と言えば、一番わかりやすいかもしれません。
6_20total.jpg
去る19-20日に「rotator」のプレス向けの発表会が開催されました。自転車関係のメディアはもちろん、レオンやモノマガジンなど、多くの一般メディアも取材に訪れ、自転車への関心の高まりを示していました。

 ロードバイク”マドン”↑とクロスバイク↓がディスプレイされていますが、横のマネキンが着ているのは、これまでのサイクルウェアーとはまったく異なるコーディネイト。
マドンの横にいるマネキンは鉄工所のイメージ。パンツは、サロペットタイプになっています。
クロスバイクの横のマネキンも、ジャケットとパンツ、ネクタイを開け、革製のカスクをかぶっています。斬新!

6_20suits.jpg

赤い台の上にディスプレイされているのはハイカットの靴も、ファスナーの位置などに工夫があり、どんな方にも使いやすい”ユニバーサルデザイン”で作られたシューズ。
6_20_shoes2.jpg
ともに飾られているハンマーには「健常者と障害を持つ方、すべての人の間に介在する垣根を壊していこう!」というメッセージが込められています。

こちらの靴は、ふつうのシューズですが、ソールがかなりしっかり作られており、踏み込んだ力を効率よくペダルに伝えてくれるため、自転車向き。実はアメリカでこのシューズを履いて、クロスカントリーレースで、優勝した選手がいることから有名になったブランドとか。
6_20_hardsole.jpg
メタリックな自転車とニット。これまではなかった組み合わせですが、自転車に乗っても風を通さないように、前面の裏には、ウィンドブレーカーのような素材が張られており、乗ることを前提に作られているのです。
6_20_vest.jpg
エコや自然への配慮も忘れられていません。

これは、自転車用のエコバッグ。1900円ほどで販売される予定とか。かなりしっかりした素材で作られており、ペットボトルなどを入れても大丈夫。
6_20ecob.jpg
サイクリストの隠された必需品、日焼け止めですが、これは100%天然素材で作られています。隣にある保湿スプレーも、口に入れてもまったく無害なもので作られているそうです。
6_20uv.jpg

まだまだ、楽しいもの、おしゃれなものがたくさん揃っていましたが、このrotatorがお目見えするのは、8月、本格的に稼働するのは9月とのこと。そのころ、どのようなラインナップが揃っているのか、とても楽しみです。 

rotatorを仕掛けるのは、この二人。
6_20marui.jpg

ご自身も自転車に乗られるとのことですが、専用のウェアーを着て仲間と長距離を走る日と、一人でお気に入りのファッションに身を包み、気楽に乗る日と、二通りの楽しみ方をしているそうです。

ユニバーサルデザインのシューズのディスプレイにあったハンマーのように、本格派の上質自転車と、皆さんとの間にある垣根を、壊す動きになってくれることでしょう。
たくさんの可能性を秘めたrotator、注目ですね!

スピニングマスター!館兄

スピニングって、ご存知ですか?

スタジオ、時には屋外スペースで、固定式の自転車にみんなで乗って、インストラクターの指示に従い、音楽やリズムに合わせて、ペダルを回すエクササイズ…と書くと、あまりエキサイティングでないかもしれませんが、参加してみると、びっくりするくらい楽しくて、すっきりリフレッシュできるのです。スピニングから自転車に乗り始めたと言う方もいるくらい!

スピニングは21年前に、アメリカで生まれました。館正訓さん、通称「館兄」は、日本のスピニングの 創世記からインストラクターを務めていらっしゃいますが、今回、日本人として初めて“マスターインストラクター”となりました。マスターインストラクターとは、本国アメリカが認定する、インストラクターにとってのインストラクター。つまり、日本スピニング界を牽引する役割なのです。tachi.jpgこの写真は、ちょっとまじめな表情をしていますが、実際は、いつも笑顔!とびっきりフレンドリーな方です。

去る6月18日、東京ビックサイト近くのホテルを会場に、館兄が登場するスピニングのデモンストレーションが行われました。

スピニングに使われるのは、こんなバイク。ビンディングかトゥークリップで足を固定し、ギアの重さは赤いネジで自由に変えられます。ポジションはロードと同じだから、太ももの裏やお尻まで、しっかり鍛えられます!このスピニングで、ライドのスキルが飛躍的に上がったという方も。ブレーキレバーはなく、逆回転で止まる構造です。
spin_macine.jpg

定員30名の参加型デモだったのですが、今回はサラさんと二人でレッスンを引っ張っていました。

tachi_sala.jpg

リズムのいい音楽が流れ始めると、皆でペダリング。地味な作業のようですが、フィットネスのスタジオエクササイズと同じように、とても盛り上がるんです。気持ちのいい汗をかき、気分も爽快、エクササイズ効果は、抜群!

tachi_demo.jpg
館兄とサラさんに、スピニングの優れた点を伺ったところ、「(固定式だから)落車の心配もなく、どんな人でも、自分に合った強度で、安全に参加できるところ。」とのこと。 

実際に外を走るとなると、体力の差、スピードの差もあり、なかなか難しいのですが、スピニングなら、女性も、男性も、高齢の方も、参加した皆が、同じ盛り上がりを共有しながら、自分のカラダに効く強度でエクササイズができるのです。しかも、盛り上げ上手なインストラクターのクラスなら、めちゃめちゃ楽しい! 

館兄は「和」を活かし、和太鼓を取り入れたスピニングなども行っている、日本スピニング界のパイオニア。アメリカでも一目も二目も置かれている存在です。これから、日本でもじわじわとブームがやってくる予感も漂っています。館兄が背負うところは、重いかもしれませんが、これからの活動にも期待したいですね!

館兄の専門分野はスピニングにとどまらず、生粋の「自転車乗り」。実は、MTBトレイルや、サイクリング、セミナーなど”happy ride”と銘打ったトレックストア福岡 のイベントにも登場しているのです。
言うまでもなく、スピニングマスター館兄のガイド力は抜群です!お近くの方、こんなチャンスを逃さず、ぜひぜひ、参加してくださいね。館兄から、得るものは大きい、と思いますよ!

ロードレースの応援から生まれた”チーム”

自転車の楽しみは、自分で乗るだけじゃない。

ヨーロッパでの主要ロードレースがライブ放送で見られるようになるなど、日本でもレース観戦人口は増えて来ているようです。国内でもプロ選手が走る国際ロードレースが開催されています。5月の「ツアー・オブ・ジャパン」「ツール・ド・熊野」が終わり、今週末からは日韓合同開催の「ツール・ド・韓国」が熊本ステージから始まります。

これらのレース会場の中で、ひと際目立っていたジャージがありました。5_24_jersey.jpg
白とグリーンをベースとし、アクセントに赤が使われた四つ葉のクローバーがあしらわれたこのジャージ。描かれた「Ali di Nike」という文字はイタリア語で「勝利の女神の翼」を意味するそうです。
このジャージを着ている皆さんは、ともかく明るくて、本当に楽しそうに全身で応援している姿が印象的でした。これは、どこかの倶楽部チームなのでしょうか?

話を伺うと、所属チームとは無関係に、がんばっている選手を応援し、「応援すること」を楽しんで行こうという皆さんが、その象徴としてこのジャージを作ったそうです。このジャージを着用している賛同メンバーは、もうすでに、60名。皆の盛り上がりから”We love road race“というサイトも作成、協力しあって、レース等の情報配信などの活動をされています。

「自転車好きが、ここでつながって、楽しみを共有できる場になれば」とのこと。観戦にこだわらず、ともにイベントに参加したり、乗ることも楽しみ、また、自転車の魅力を伝える活動もしていきたいそうです。

ジャージには”feel the wind  in your mind”というセンテンスもあしらわれており、自転車に乗って楽しむ風と、選手が駆け抜けるときに起こす風、この両方を楽しもうという意味があるとか。
ロードだけでなく、マウンテンバイクやBMXと自転車競技も多様です。“乗る楽しみ”に“観る楽しみ”が加わり、さらにそれを仲間で共有することができれば、楽しみの幅も、また深く、広くなることでしょう。

ジャージに描かれた、もうひとつのセンテンス”Union is strength”、「団結は力なり」のメッセージのように、力を合わせて、自転車の魅力を伝えて行ってほしいですね!